2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013.02.21 (Thu)

御射宮司祭お疲れさまでした&冬の諏訪旅行

【記入者:芝】

御射宮司祭、お疲れさまでした!
予想以上に盛況で、既刊も2種完売、新刊もかなりの数を手にとっていただけました。
ありがとうございます。

完売した既刊のうち、風の七輪はもう3年前になるんですねぇ。
サークル活動はじめて間もない頃、はじめて例大祭にサークル参加したときの本なので、いま見るとみんないろいろアレですが根強いファンもいる(?)思い出深い――いや、どれも思い出深いんですが――1冊です。
風の花束は、それから2年後、昨年の例大祭での新刊ですね。
神主結婚祝いな感じの。

さて御射宮司祭の新刊ですが、とらのあなさんで委託はじまっております。
 →『ほんのり甘くてちょっぴり苦いかみさまのお話』とらのあな通販ページ
ぜひぜひよろしくお願いします。

なお、次の参加イベントは3/10の「月の宴6」です。
こちらには今回の新刊持ち込み予定はありません。
持ち込みはその次の参加イベント、例大祭の予定です。

あと、夏コミも申し込みました。
受かるといいな。

さてここからは、翌日の諏訪旅行レポート的なものを。
少し長くなるので、まずは前半を追記クリックでどうぞ。

【↓↓つづき↓↓】

御射宮司祭の翌日、諏訪大社各社およびゆかりのある神社めぐりをしてきましたよ。
いままでイベントついで含めて、諏訪には数回訪れていますが、ぜんぶ季節は夏~秋。
冬の諏訪は今回はじめてということで、雪に埋もれた諏訪をめぐってきました。

まずは春宮から。
もう2月なので、八坂様はこちらにおわすわけですね。
凍った手水社
手水社もすごいことに。
手を清めるのが冷たい冷たい。

冬の春宮
雪の中の春宮。
ちなみに手前のナイスガイは府煮汚さん。
常に七輪大社発行物の奥付に名前が載ってる謎の人物の正体が!

万治の石仏方面
せっかくなので諏訪大社と直接関係はないですが、万治の石仏にも寄ってきましたよ。
川は凍ってないものの雪がすごい。
ちなみに、御射宮司祭の前日に1日じゅう降ったそうです。
ここまで降るのは諏訪でも珍しいとのこと。

雪の秋宮
お次は秋宮。
昨年、諏訪風神祭の翌日に来たときもそうでしたが、日曜日なので結婚式をやってました。
この雪の中で着物は大変そうですが、気持ちはいいでしょうねぇ。

雪の洩矢神社
洩矢神社にも行ってきましたよ。
そういえばホテル(といっても規模としては民宿くらいの小さなところ)のおばちゃんが、どこ行くのというので洩矢神社とか…と答えたとき、びっくりしてましたね。
なんでそんなところ知ってるの的な驚きみたいでしたが、やっぱり地元の人は洩矢神社がミシャグジ様の発祥の地というか、大元の場所だって知ってるんですね。

そういえばチェックアウト時、神社好きなの? みたいな話から前日岡谷でイベントが…という話をしたら「…東方…?」って聞かれましたよ。
詳しく知ってるわけではない様子でしたが、やはり地元でニュースになったりもするみたいですし、話は伝わってるみたいですね。
2~3年前にもやはり東方好きが宿泊したとか。
こんど詳しく教えてねと言われてしまったので、次回もここにしますかね?

ちなみに、ラルバ諏訪湖というところです。
今回は冬ということで、いつもの温泉街ではなく諏訪湖沿いでと思って探したんですが、評判がよかったので。
大きなホテルの裏手、諏訪湖沿いの通りから脇に入ったところにある小さなホテルですが、よかったですよ。
お値段は温泉街の旅館の半額程度で、充分な食事と設備で。
お風呂上がりにどうぞって書いてあった麦茶が空っぽだったのと体重計の電池が切れてたのだけマイナスポイントで!
と、軽く宣伝。

パークゴルフコースもこの通り
狛犬も雪まみれ
洩矢神社は我々のようなマニアや地元の人でなければ参拝に訪れないせいか、境内も雪がほとんどかかれずに残ってました。

雪の前宮
前宮本殿
さてお次は前宮。
こちらもかなり雪が残ってますが、本殿へ続く道や階段はきれいにかかれてましたね。

山里は冬季休業中
風神祭のときにはじめて訪れて、またぜひと思っていた茶処 山里ですが、残念ながら今日はまだ休業中。
雪が溶けたら営業再開でしょうか。
今日来る連中に雪かきさせれば余裕で全部かけそうですが!

ゆっくりテロ
せっかくなので(?)テロってきました。
ケロ帽描いたらY2先生がセリフを書き足したという。
この日、あとから訪れた人は見たかなー。
うちらが行ったのは昼過ぎでしたけど。

遠くから御頭御射宮司総社
本宮への道中、守矢神社資料館にて裏手のお社。

冬季は立入禁止
残念ながら冬季は立入禁止ということで、遠くから写真のみ。
こういうところでちゃんとルールを守っておかないと、冬季公開中止とかにもなりかねませんし、気をつけたいですよね。
特にここは資料館こそありますけど、ほとんど民家なわけですし。

ミシャグジ様テロ
そして同じようなことを考える人がここに!
これは最初からあったもので。

小さな足あと
近くにあった、ネズミかなにかの足あとでしょうか。
途中で消えてたので、これはバックトラックというやつですか!
…あれ、ネズミはやらないんでしたっけ本来。

雪の本宮
というわけで、本宮。
こちらでも結婚式が行われてました。
あと、本殿幣拝殿のあたりが修復工事中でしたね。
参拝には直接影響ありませんが、再来年までかかるそうです。

顔に見える
本宮正門右手奥の建物。
灯籠に雪が積もって、まるで目のように…柵が口で、どことなく雲山のような…。

と、諏訪大社をめぐったところで前編終わりとしておきましょう。
もうちょっとだけあるんですが、それはまた後日にでも!

テーマ : 同人活動 - ジャンル : サブカル

17:49  |  雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sichirin.blog45.fc2.com/tb.php/143-28a7183d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |