2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.12.30 (Wed)

コミケ終了と2009総括

【記入者:芝】

コミックマーケット77、無事終了しました!
サークル、一般、ともに参加されたすべてのみなさま、お疲れさまでした。

七輪大社としての初コミケ、そして初コスプレ。
あいかわらずわからないことだらけで、当日も直前までコスプレ衣装のパーツ作りや化粧やらでてんやわんや、とにかく不安だらけでしたが、あっという間でした。
一般参加よりもサークル参加の方が、1日が短いようにすら感じました。

コスプレに関しては反省点だらけなので、負けず嫌いの私はまたいずれ挑戦してしまいそうな気がします。
とりあえず、さとりのコードはワイヤーで作ると難しいということがよくわかりました。
他のさとりレイヤーさんは糸やゴムチューブを使っていたり、ワイヤーを使っている方は元の形にこだわらなかったりと、いろいろ工夫されてました。
勉強になるなぁ。
絵でもなんでもそうですが、観察すること、学ぶこと、やはり実際に技を目で見るというのは違いますね。

サークル参加して、本を手に取ってもらったときのドキドキ感は本当に、他のなにでも得られない感覚ですね。
買ってもらえたときの「ありがとうございます」は心の底から出るひとことです。

さてそんな今回のコミケ、普段買う側なのが売る側に立ちまして、やはり買う方はだいぶ控えざるを得ないわけですが、そんな中でもここだけは譲れない。
それが、さくSaku亭。新刊「銀色二人 後編」は書いておかなければなるまい。です。
私の同人誌ベスト3には、氷川さんの「幻惑の死と 師と」「紅き糸 銀の月時計」が入るという話をちょっと前に書きましたが、今回のこれはまた氷川さんのすばらしい一撃でした。
同人誌というのは、表紙の絵やデザインや内容や、すべてひっくるめて「その本の世界観」が作られるものですが、今回のこれはその世界観がすばらしい。
咲夜と妖夢、2人の世界を、描ききってしまった。まいった。
このところ氷川さんのUST配信を見たりしていましたが、本当にこの人はすごい。

そんな締めの2009年でしたが、七輪大社としての活動は初年度。
まさに、七輪大社としてのニューイヤーでした。
かつて諦めたお絵かきをあらためて開始し、サークルとしての活動をはじめ、コミケにも参加し、本を3冊作りました。
活動中は色々と辛かったり苦しかったりはもちろんありますが、そのあとに感じるこの想いは、本当になにものにも代えがたいです。

今年中に七輪大社と出会ってくれた方、ありがとうございました。
まだまだ活動をはじめたばかりのサークルですが、来年も七輪大社をよろしくお願いします。

それではみなさま、よいお年を。

テーマ : 同人活動 - ジャンル : サブカル

22:10  |  雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sichirin.blog45.fc2.com/tb.php/33-841479f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |